痛みや不安感からの解放

その二

がん患者の感じる痛みには、さまざまの原因があります。

がんそのものからくる痛みもあれば、がんの治療方法からくるものもあります。

例えば、手術の後、人は手術そのものの結果として痛みを感じます。

時には、がんと関係のない痛みもあります。

捻挫や、歯痛や、頭痛といったものです。

原因が何であっても、痛みからの解放は可能なのです。

痛みに対処する一番よい方法は、その原因を治療することです。

腫瘍を取り除いたり、そのサイズを縮小したりすることができれば、そのようにして痛みの原因を治療します。

そのためには、医師は手術や放射線療法、あるいは化学療法を勧めるでしょう。

しかしながら、あなたの主治医は、痛みをコントロールする疼痛緩和療法を勧めることが多いと思います。

それは、痛み止めの薬の使用、神経の手術、神経ブロック、物理療法などと、リラクセイション・テクニックや気分転換療法やイメージ療法などを含みます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。