痛みや不安感からの解放

その三

多くの人が痛み止めを使うのを躊躇しています。

中毒になるのを恐れるからです。

しかし、痛みを取るために薬を飲んで“中毒患者”になることはありません。

実際に、がんの痛みをコントロールするために、医師の監督のもとに麻薬(鎮痛剤としても知られている)を飲んでも中毒にはならないことが、研究の結果として分かっています。

さらに、痛みを減らすために薬を飲むよりも、痛みを予防するために飲んだ方が、使用量が少なくてすむ傾向があることも分かってきました。

そして、痛みの原因が治ったら、痛み止めを止めることもできるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40258838

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。