痛みと不安感からの解放

その四

物理療法、バイオフィードバック(訳注:脳波計を頼りにアルファ波を調節して、安定した精神状態を得る方法)、リラクセイション・テクニック、自己催眠術や、イメージ療法も、痛みから解放に役立ちます。

他のタイプのペイン・コントロールには、皮膚刺激法、指圧、バイブレーション、マッサージ、冷または温湿布、皮膚へのメントール塗布、皮膚からの電気神経刺激(transcutaneous electric nerve stimulation)があります。

これらの中には、痛み止めによる眠気を避けながら痛みをとるために、体の特定の部分で抹消神経を麻痺させる方法が含まれています。

痛み止めが効かないか、ひどい副作用で使えないかの10〜15%の患者には、麻酔剤を使う特別の処置ができます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。