相談するカテゴリの記事一覧

相談する

あなたの病気についての正直でオープンなコミュニケーションは、さまざま役立ちます。

あなたがどうして欲しいかを、親しい人に分かってもらうことができますし、家族や友人、あるいはあなたを慰めようと考えている他のがん患者さんたちと、じっくり話すことで問題の重苦しさを軽くすることができます。

自分の気持ちを人と分かち合うことで、ストレスも軽くなります。

こういうコミュニケーションは難しいと思われるかもしれませんし、周囲の人々にとっても容易ではないかもしれません。

けれども、あなたの心配事や悩みをじっくりと話し、あなたの愛する人達がどう感じているかを知ることで、あなたは力を得、再び元気を取り戻すことができるのです。

こういったことを話す時は、あなたの病気を落ち着いて受け入れることのできる人を選んでください。

友人や親戚に次のことを知らせてあげてください。

特別のことをしなくても、ありのままのその人でいるだけでよいこと、問題を解決しようとせずただじっと耳を傾けて聴くこと、それだけで十分に慰めになるということです。

けれども、誰でもがあなたの苦しみや喪失感にうまく対応できるわけではない、ということも心に留めておいてください。

友情や家族の絆も、変わり得るものです。

でも、それはあなたのせいではありません。

他の人達が、あなたの病に対して感じている自分自身の心の痛みに、うまく対処できないからなのです。

もしそういうことがある時は、あなたの医療チームの人や、カウンセリングの訓練を積んだ人、例えば、ナース、ソーシャル・ワーカー、心理士、宗教家などと話したくなるかもしれません。

もし、あなたが在宅ケアを受けているならば、専門家の在宅ヘルス・ケア・ワーカーがいいと思われることもあるでしょう。

また、人々が集まって共通の悩みを分かち合う自助グループに出席することも助けになるでしょう。

あなたをケアする人、病院、あるいはホスピスが、あなたにふさわしい相談相手かグループを見つけるお手伝いをしてくれます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。