孤立感カテゴリの記事一覧

孤立感

がんが進行するにつれて、あなたの生活は乱されます。

家族や友人や同僚たちとの社会的な活動も、以前のようにはできなくなります。

医師の診察を受けたり、治療に通ったり、休息をとらねばならなかったりで、日頃の日課も変わってきます。

こういう変化が起こると、家族や友人に取り囲まれていてさえも、寂しくなったり、独りぼっちになったような気がするものです。

こういう感情を和らげる一つの方法は、できるだけいつもと同じように暮らすことです。

今までいつもやっていたこと、例えば、趣味、読書、犬の散歩、子供達と遊ぶことなどを続けましょう。

家族や友人に、以前と同じような暮らしを続けたいと思っていることを知らせましょう。

家族や友人をできるだけ励まして、皆もいつもと変わらぬ暮らしを続けるようにしましょう。

人に会うことができそうな気がするときは、友人や親戚に訪ねてくるよう遠慮なく頼みましょう。

皆はちょつと立ち寄ってみようかと思っていても、何を言っていいか、またはどう振舞ったらいいのか分からないのが心配で訪ねて来ないのかもしれないのです。

ありとあらゆる努力にもかかわらず、独りぼっちになったように感じる日もあることでしょう。

人は、あなたのことを完全に理解するわけではないし、あなたと経験を十分に分かち合うこともできない、と感じられるからです。

ときには、一人になりたいとだけ思う日々もあるでしょうし、そうするのもよいことなのです。

一人暮らしの人や、近くに家族や友人が居ない人にとっては、病気は、ことにつらいものかもしれません。

そういう状況では、ボランティアやケアをする人に訪ねてもらうのがいいと思う人もいます。

また、ペットと一緒にいるのを喜ぶ人もいます。

同じように末期のがんを患う人と話すことで、あなたが求めている理解と友情が得られるかも知れません。

他のがん患者たちと話せるようなサポート・グループに入ることも、孤立感を和らげる一つの方法です。

ときには、自分で自分を励まさねばならないこともあるかもしれません。

そういう時は、自分を楽しませる工夫をしてみましょう。

ゆったりと散歩したり、美しい花束や面白い本を自分にプレゼントしたりするのです。

自分の内なる強さを誘い出し、自分自身の一番良き友となるようにしてみましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。